5匹の猫と探る健康体への脱皮計画

一生分の酒を飲んだので、これからの人生は酒なしで。

それは、どうでもよくない

 f:id:agatashinema:20210727135923j:image

朝の通勤中、目の前にクロス!

 

 “どうでもいい”ことが増えている

 

「お中元のビール、キリンにする?アサヒにする?」

「(どっちでもいいんじゃね?)エビスとかプレミアムとかですかね」

「いや、毎年、アサヒのスーパードライ送ってるんだけど」

じゃあ、聞かないでください。

心の中でつぶやきます。

「いただいたお菓子、チョコ味とバニラ味どっちがいい?」

どっちでもいいです。いや、何なら要らないっす。

「玄関置く消臭剤、森の香りとフローラル系どっちがいいと思う?」

「ラベンダーの香りとか・・・」と一応答えると、

「ええ、そう?私は森の香りがいいと思うんだけど!」

もう、ワタシにとってはどうでもいい分類なんで、お任せします。いやマジで。

息子の反抗期の口癖だった、

「関係ねえし、どうでもいいし、」と同じ状態になっている更年期・・・。

 

最近、自分の中で、「どうでもいい」と感じてしまう事が増えています。考えるのが面倒だ、言ってもどうせ無駄だろう、疲れるし、等の日々の蓄積で、もうどうでもいい、という選択をしてしまっている様です。その無気力状態がよろしくないような気がしています。

「どうでもいい」と思う事が「どうでもよくない」。

「どうでもいい」とあきらめ感情は似ていて、周りの人に伝わります。

が、価値観の違いもあるので、自分に「どうでもいい」事でも、他の人にとっては重要な事だったりするので、悟られないようにしないといけません。

 「こっちのほうがいいと思わない?」

「そうですね!賛成です!(うなづきながら)」

という風に。

 

 子どもの頃って、赤がいいだのピンクが欲しいだの、形が崩れているケーキは嫌だだのと、今じゃどうでもいいことにコダワリがありました。

息子も小さいころは、トーマスじゃ嫌だ、パーシーがいい!とか、何か自分の中の説明できない理由がある選択意思がありました。

そう思うと、今まで選択した事の積み重ねの結果が、「今」のワタシなんだなあと実感しております。

小さな小さな選択の連続の50年の結果が、「今」。

今更ながら、これからの人生、よく考えて、大切に生きていかないとだわ、と思う次第です。

 

 

 f:id:agatashinema:20210727140020j:image

最近の夕暮れはピンク色なんですよ。

 

排水口が髪の毛で詰まる季節になりました。

人間も換毛季節です。

一回のシャンプーで排水溝に溜まる髪の毛の多いこと!

「今度生え変わるときは黒髪でお願いします。白ではなく黒で」

と、心の中で念じながら、頭皮マッサージ。

 

割込み力技極意

 

せかせか大賞殿堂入りの上司は、力技で話を自分寄りに持っていくのが得意です。

職場で他愛もない世間話をしていると、せかせか大賞殿堂入りの上司が突然「○○の薬といえば、うちの旦那の弟の奥さんが薬剤師をしててさあ、・・・・」と力技で割り込んできます。自分の遠い親戚のことなんて知らなかったりするのですが、

ワタシはせかせか大賞殿堂入りの上司の家系図が書けるほど、になっています。

めいやおいの仕事、旦那さんの弟の奥様の子ども?みたいな。その奥様のお兄さん?みたいな。

そこまで、そこまでして話しを奪って行く姿勢、話に割り込み、話の中心になり、自分の話で終わらせる力技に感服しております。

 

 

f:id:agatashinema:20210727140217j:image

後だしジャンケンはダメだよ、兄さん。