5匹の猫と探る健康体への脱皮計画

一生分の酒を飲んだので、これからの人生は酒なしで。

ムネの中、ハラの中。

f:id:agatashinema:20210503203002j:plain

逃亡中

f:id:agatashinema:20210530160313j:plain

  その前足が可愛くて可愛くて。

 

腹に手を当てて 胸をかかえて笑いたい

 

断酒を始めて、2か月。

何か良い変化はありましたか?ワタシの身体さん。

自分に問う。胸に手を当てて。

「いや、まだこれからっすよ。これから本番っす」という返事が聞こえてきました。

だって、良い変化より、悪い変化の方が際立っているので。

健康診断でも、飲んでる只中の去年の方が結果が良かったりすると、断酒のストレスの方が身体に悪いんじゃね?飲んだ方が心と身体にいいんじゃね?と都合よく考えてしまいそうになります。


悪い変化の最大の一つ。「大腸の鳴き声」断酒を始めてから、今までにない鳴き声を出す大腸さん。ガスコンや漢方を処方してもらったり、いろいろ試しているのに、一向に鳴き止みません。発酵食品、食物繊維、いろいろ試しているのに、鳴き止まないのです。

どうして欲しいの?大腸さん。不平不満があるから鳴いているのでしょう?

そんな問いかけをしていると、聞こえてきました。小さき声で。

更年期じゃないっすか・・・

ムムム…。ああ、やっぱり。そっちか。断酒したらなんとかなるって思ってたわ。

身体の誤作動、更年期。

はやく、このホルモン量に慣れて欲しいものです。身体さんよ。

そんなに欲しがらないでほしいわ。やっぱりホルモンには勝てないのよね。

もう、大腸さんが鳴き出したら、笑い飛ばすしかないな。はっはっはっはっは。

 

好き、斎藤一人さん

斎藤一人さんが、腸は大事です、って言ってました。腸の調子が人生を握っているといっても過言ではないニュアンスだったような。

「腹が立つ」というけど「胸が立つ」とは言わないでしょって。


「はらわたが煮えくり返る」「胸が躍る」とか、いろんな慣用句がありますね。腹も胸も、感情関係の慣用句が多く感じます。決断系は腹の方が多いのかしら。

 

これからは、今までないがしろにしていた大腸さんを超大事にしてみようと思います。腸過保護に。

絶対、断酒は身体に腸に良いことなんだから、このまま信じて継続し、大腸第一主義を掲げて生活していこう。

どうせ、今、断酒のせいで、食べたいものが分からなくなっているから、身体にいいものだけ食べるようにしようかと。

 

今日のカレンダー

f:id:agatashinema:20210530153810j:plain

こっちがプラスの道だよって教えてほしい。きっと、ワタシは立ち止まって、キョロキョロオドオドして自分で決められないでいそう。でも、自分で決めないと責任転嫁しそうだから、教えてもうらうのはダメだな。